スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
日立市かみね動物園
茨城少旅行も最終日となりました。

連日、叔母の家では至れり尽くせりで本当にお世話になりました。
すぐ近くの従妹の家でも、子供達はたくさん遊ばせてもらい、まだまだ一緒に過ごしたい様子です。


3日目は日立市のかみね動物園へ。

上野動物園や、多摩動物園ほど規模は大きくないものの、主要動物も揃っていて、広すぎず狭すぎず、ちょうどいい広さの動物園です。子供向けにクイズラリーもやっていて、各所でクイズに答えて最後に景品が貰えるというイベント?も楽しみながらできました。






          


うま子といぬ子が特に喜んだのは、大好きなふれあいコーナーと餌やりができる動物がたくさんいること。1回100円のえさ代が結構かかりました・・・(汗)


きりんさんにまでえさやりができるのです。しかもこれは無料。

飼育係のお兄さんが葉っぱを少しずつちぎって分けてくれます。






うま子のあげた餌もしっかり食べてくれました。。

こんな体験なかなかできないですね。

いぬ子もやればよかったのに、怖がってやりませんでした。

目の前の大きなきりんさんの迫力に圧倒されちゃったかな。。

ぞうさんにも餌をあげることができるそうです。。この日はぞう舎周辺の道が工事中で、行くことができませんでした。残念。。。



チンパンジー舎を更に上に上っていくと芝生がきれいな広場があり、そこから海が見えました。



天気があまり良くなかったのであいにくの曇り空&灰色の海ですが、山の上にいながらにして、海が見えるって凄いですね。
みんなが動物に夢中になる中、一人で感動してました。。


パンフにも「園内から太平洋が一望!」って書いてあり(後から気づきました(^^;))
これもこの動物園の魅力の一つかもしれません。



ふれあい広場はわが子の大好きな場所です。




モルモットちゃんにかまれた〜とか言いながら、うれしそうなうま子です。


 

なんてうれしそうな顔のいぬ子でしょう。。




なんとなんと ニシキヘビ まで触っておりました。。(恐る恐るしっぽの方です)




クイズラリーはすべて回って、しっかり全問正解。
景品のお菓子をいただきました。


動物園の隣には遊園地もあって、こちらも楽しみにしていました。




小学生になったうま子は、親の同伴なしで乗れるものが増えてきました。

でも家族だけだと、ママも一緒に!パパも一緒に!ということが多いのですが、今回はお友達も一緒なので、はりきって子供だけで乗ることができました。

なんと、ちょっと長い観覧車にまで、子供だけで乗ってこられました。

sat.kのほうが、ちょっと心配でした。。(^^;)




楽しい時間はなんでこう早いのでしょう。。

「1日がもっと長かったらいいのに。。」うま子が最近よく言う言葉です。

sat.kもよく思いますが、一日がもっと長かったら、それはもうヘトヘトなんてもんじゃないでしょうね(苦笑)



家でも存分に遊び、毎日いろんなところに連れて行ってもらって、楽しい茨城旅行でした。
そんなきっかけをつくってくれた柴田さん、盆小原さんに感謝。
2泊3日、すっかりお世話になった叔母一家にも感謝です。



シルバーウィークの高速道路、帰りは超渋滞に巻き込まれ、相当な時間がかかりました。。。
運転手のさる夫にも感謝です。


 
おでかけ comments(0) -
AQUA WORLD

柴田邸の撮影に伺うのをきっかけに、普段なかなか行けない茨城の親戚の家に宿泊させてもらうことになり、家族で茨城小旅行を楽しむことになりました。

初日はsat.kのみ別行動。
さる夫と子供達は叔父と叔母に海に連れて行ってもらい、ヤドカリをつかまえたりして磯遊びを楽しんできたようです。

翌日は、sat.k一家4人 & 叔父叔母 & 従妹一家4人 の計10人で大洗水族館AQUA WORLDへ行って来ました。

うま子といぬ子はあちこちおでかけできることはもちろんですが、はとこ(ちょうど同年代の姉妹)と一緒というのがとにかく嬉しくてたまらないようです。



駐車場の土手より、海を臨む3人& バッタが気になるいぬ子。



空が真っ青できれいでした。




             


最近の水族館はいろいろと工夫を凝らしていて、見る人の目を楽しませてくれますね。



まるで自分が海底にもぐっているかのように思えるところもたくさんあります。


そして、ここ大洗アクアワールドの一番のウリは、やはり「イルカとアシカのSHOW」でしょうか。






かわいいアシカさんとイルカさんの芸は見事でした。




ペンギンさんの近くで子供向けのイベントもやっていて、



みんなで魚釣り?も堪能しました。(笑)



水族館なのに、アスレチック?エリアがあったり、ヒトデやヤドカリ、小さな鮫など、海の生き物達とのふれあいコーナーもあったりして、目で見て触って楽しむことができました。


そしてこの目の前が海!という立地条件も眺めがよくてステキデス。

海なし県で育ったsat.kにとって、海はやっぱり特別。
いつ見てもとっても新鮮です。


水族館の外エリアから見えた波に戯れる若い二人です。





sat.kも水族館を飛び出して、砂浜におりたかったな〜



おでかけ comments(2) -
二子玉散策
9/11(金)天沼さんのトークショーの日。

パイングレインさんにお邪魔する前にほんの少しだけニコタマ散策をしました。


ご一緒していただいたのはkurosawaさん。

スコーンの車「La Tabie De Izumiさん」の・・・とかいたらいいやら、「sovasovaさん」の・・・・とかいたらいいやら。。。(もうご存知かと思われますが、同一人物のスーパーウーマンkurosawaさんです。。)


高島屋の裏手の細い路地には目をひくおしゃれなショップがいっぱいですね。

ランチもどこに入ろうか目移りしてしまいました。。



そして、入ったお店は「リゼッタ」さん。

入ってからメニューを見せていただいて気づいたのですが、

「リゼッタ」!!!!(@_@)

なんと行ってみたいと思っていたカフェだったのです(^^;)



雰囲気はもちろん、味も格別!

sat.kはさつまいものグリーンカレー。クスクスとも迷いましたが、
なんとか米(でた〜お得意の!!)のなんとかっていうライスにしました。

kurosawaさんのタルトもすごくおいしかったです。

イチジクが入っていました。ステキ♪



さりげなく挿してあるお花からスプーンとフォークの質感までとってもステキでした。







お隣のお花屋さん TinyNさんも、おしゃれ。



ドライのリースもたくさんあり、店内には色鮮やかなお花が充実していました。

今日から秋の花がたくさんはいってきました〜っておっしゃってました。

ケイトウもきれいだったな〜

写真がなくて残念。。


道はさんでまん前のコホロさん もステキでした。


そして、一番のお目当てリネンバードさん






リネンのクロス購入しました。

大してハンドメイドの技術もないくせに、生地を見たり、レースやリボン、ボタン等の裁縫グッズをみるの大好きです。。

もっともっとゆっくりしていたかったです。。


散策といってもあまり時間もなく本当にほんのちょこっとでしたが、楽しめましたよ。

そしてそして・・・駅の反対側。

パイングレインさんへと向かったのでした〜




お隣のマルクトカフェさんでも、まずは一息。

おいしいカフェオレいただきました〜♪

おでかけ comments(2) -
天沼寿子さんアンティーク講座
二子玉川のアンティークショップ「パイングレイン」さんで開催された
天沼寿子さんのアンティーク講座「カントリーアンティークの魅力を語る」という講座に参加してきました。



店内にディスプレイされているアンティークを手に取りつつ、それぞれの場所に移動しながらお話を聞くギャラリートークショーです。


会場は古くからのデポ-39のおきゃくさまをはじめ、アンティークファンの方、天沼さんのファンの方々で埋め尽くされていました。





天沼さんの説明は、様々なエピソードも交えつつ、丁寧で初心者の私達にも非常にわかりやすく、
みなさんお話に聞き入っていました。


長い年月を経て現在も愛され続けているアンティークの品々はそれだけで貴重なものですが
お話を伺い、それぞれの歴史、形の意味等がわかると更にアンティークが親しみやすく、魅力を感じます。

今回も、小さなインク瓶のお話から、大きなテーブル、クローゼットの話まで、たくさんのお話が伺えてあっという間のひと時でした。



トークショーの終了後は隣のマルクトカフェさんで天沼さんを囲んでおしゃべり&ティータイム





本当に貴重な時間です。。


そうそう!!この講座には毛塚千代さんも仲良し3人組さんでいらっしゃっていて、
超豪華なティータイムでした〜








ホワイトチョコレートのケーキもおいしかったです♪




大撮影大会もにぎやか!!  
この日の楽しさは、みなさんの笑顔をご覧いただければわかりますね☆




パイングレインさんには本当にステキなアンティークがたーくさん。




実は欲しい大物があります・・・・(^^;) いつか買えるかな???






おきゃくさまをお見送り中の天沼さん。

ガラス越しの姿もステキデス☆



夢のようなステキな一日をありがとうございました。
おでかけ comments(0) -
ターシャ・テューダー展
8月の帰省中、母と姉と一緒に「ターシャ・テューダ展」に行って来ました。



ずっと行きたいと思っていたので、ちょうど帰省する時近くの高崎市美術館で開催中と知り、楽しみにしておりました。



撮影できたのは地元造園業者さんによるターシャのお庭を再現したブースのみでしたが・・・



様々な愛用品、そして、ターシャの描いた原画の数々、目に焼き付けてきました。


「ゆっくり生きる。自分を生きる。」

あたり前のことながら、できていない、普段忘れかけている何かを思いださせてくれるようなターシャの言葉がたくさん詰まっていました。


この夏はターシャの本もたくさん読みました。

心が洗われます。涙がこぼれます。

私、疲れているのかな・・・


ターシャのお庭はもちろんすばらしくステキだけれど、90歳のおばあちゃんの生き方そのものが
ステキなのです。

最近、自分より年上の方と接する機会に恵まれています。
どの方もとっても輝いていて、年をとるのも悪くない。。とそう思う今日この頃です。

ターシャはその代表的な方ですね。





高崎市美術館は近代的な本館の隣に歴史的建造物 アントニン・レーモンド設計 旧井上房一郎邸の建物があります。

こちらの旧家も利用して、本の展示などがされていました。



この井上邸も魅力的な佇まいでした。

  


  

お庭はターシャテューダー展用に少しターシャチックにアレンジされていたそうです。



一室で以前HNKで放映されたターシャデューダーの特別編集バージョンも放映されてて
sat.kもしっかり観覧してきました。


母もすっかり魅了され、写真集を購入。
sat.kはポストカードと1938年に出版された処女作「パンプキン・ムーンシャイン」を含む幻の絵本キャラコブックス「3冊組」復刻版を購入してきました。

実は絵本作家のターシャは後から知った顔。

まだまだ読んでいない絵本がたくさんあります。少しずつ読んでいけたらいいなと思っています。




(画像は洋書「The private world of Tasha Tudor」からお借りしました。)







おでかけ comments(0) -
大谷石倉庫sovasova
笠間に行ったらどうしても立ち寄りたいところがありました。

大谷石倉庫sovasova」さん。



その昔、お蕎麦屋さんが蕎麦粉をしまっておいたという石造りの古い倉庫を改造されて、蕎麦粉のクレープを食べさせてくれるお店です。

オーナーはスコーンの車でおなじみ「La Table De Izumi」の黒澤さんご夫妻。

実は黒澤さんと出会ってから間もない頃、「今度笠間でsovasova(ソバソバ)という名前の蕎麦粉のクレープ屋さんを始めるんだ」と話してくださり、お店をはじめることになった経緯に感動。そして、オープン当日までの準備段階も日々ブログを経過を読ませていただいており、オープンしてから今まで早く実物のお店に行ってみた〜い!!と兼ねてから待ち焦がれていたところなのです。。







建物も趣のある古い大谷石の倉庫ですが、その他随所にオーナーこだわりの素敵がたくさん。







廃材のタイヤやドラム缶だって。。新しい息吹が吹き込まれています。

店内にもこだわりがいっぱい。。



↓こちらは2Fのくらげの間。sat.kたちはこちらの奥の席でクレープをいただきました。







いただいたのはクレープ3種類。

こちらはその中の「きのこの〇〇クレープ」です。(スミマセン正確な名前はワスレマシタ)



セットの蕎麦がきのコンソメスープもおいしゅうございました。。

そして、こちらはそば茶。 
お茶はもちろん、器やコースタ、マドラーに至るまで、ひとつひとつこだわり抜いた品々でひとつのメニューが完成されています。

「おっ・・これがあの・・」とブログで拝見していたこだわり素敵たちを実際に見ることが出来て
sat.kもひとつひとつが感動でした。




クレープは店舗の入り口すぐにある厨房でご主人さんが焼き上げます。





ガラス張りの厨房なので外から眺めることができて楽しい!!


そして、飲み物担当は奥様のmiyukiさん。こだわりの珈琲&そば茶がいただけます。



食べ終わった頃にはピークをすぎ、
独特の穏やかなゆったりとした時間が流れていました。




クレープを食べ終わってもいつまでも居たくなる・・・そんな空間です。



「sovasova」という名の蕎麦粉のクレープ屋さん。
到着した時はもの凄いお客さまの数でしばらく待ちましたが、そんな待ち時間も気にならない秘密があるのです。

そう、sova1.2.3

sova1 は 「大谷石倉庫素敵展示室」
sova2 は 「sovasova」
sova3 は 「sovasova no sova」(ソバソバ ノ ソバ)という名の雑貨やさん

sova4   「Rhana〜ちっちゃなお菓子やさん〜」と
sova5   「ギャラりー花香町」も新たにオープン。


これだけのショップが大谷倉庫の中やお隣に寄り添うようにくっついて、実に楽しい空間なのです。



続いて、お隣の「sovasova no sova」さん。

こちらの雑貨やさんも実に魅力的なお店で、とっても楽しみにしておりました。



どこを切り取ってもポストカードになりそうなステキナディスプレイ。




そして、こんなにおしゃれな雰囲気のお店なのに、うま子やいぬ子たちのような子供でも、自分のおこずかいで買えるようなステキナタカラモノがたくさんあるのです。

うま子も自分のお財布と相談しながら、これが欲しいな・・・あれが買いたいな。。といろいろ吟味してお買い物を楽しんでおりました。



大人同様ステキナラッピングをしていただき、スタンプカードまで押していただいて大喜び。
これもオーナーのebiちゃんさんのお人柄ですね。




うま子といぬ子は店内に2客だけあったアンティーク風のカップ、それぞれ1客ずつと形違いのかわいいローソクを購入していました。

われながらいいチョイスで感心関心(笑) 

いぬ子は早速自分の机の上にディスプレイしております(^^;)
うま子は???




そしてそして、この日のsova1「素敵展示室」では出張wishくんが開催されていました。

こちらの話は次回に続く。。。



おでかけ comments(4) -
あ〜てぃすとマーケット in YOKOHAMA

 またまた一ヶ月前の出来事。。今頃upさせていただきます。

7/31 横浜の赤レンガ倉庫で開催されてたあ〜てぃすとマーケットに行って来ました。



我らが!(?)a.mgadenさん が1年ぶりに、またまた横浜の地へたくさんの新作を引っさげて
やってきてくれたのです。



この夏もなんだかバタバタと忙しく、前日までいけるかどうかわからなかったのですが、
なんとか無事に伺うことができて、感動の再会を果たすことができました。

a.mさんに逢いたい!!と思っているのはsat.kだけでなく、ブログを通じてお友達になった方たちがこの日にあわせて横浜に大集結。

宿泊組は大阪から おさる★うききちゃん
愛知からぱたぽんさん miyakoさん
メキシコから帰国したばかりの東京在住kakattiさんと

そして偶然にaliceさん ともお会いすることができました。

他にもお会いしたい方がいたのですが、都合が合わずに残念無念の方もいらっしゃいました。。。


みなさんのブログでは瞬時に楽しい横浜レポがいち早くアップされておりましたので
こちらでは今更・・という感じですが(お恥ずかしい・・)よろしかったらご覧くださいね。


a.mgardenさんのブースです。

ブログで拝見していた作品が目の前に勢ぞろい。

思いがけず素敵な新作も拝見することができて本当にわくわくしました。

木工作品もアイアン作品もすばらしい!!


 





sat.kはお目当てだった、ミシンとトルソー&

↓こちらの新作のキーフレームをお嫁にいただいてきました。




このフレーム見ての通り、木工とワイヤーが一度にWで味わえる素敵な作品です。

思いがけずこんなステキな作品もゲットすることができて大満足のsat.kでした。。。


そして、なんとなんとフレームの上のアイアン製ポストカードスタンドには
以前オーダーいただいたsat.k作のポストカード。

まさか販売していただけるなんて・・感激しました。

 
購入していただいた方・・・ありがとうございました。。。



このバードゲージもかなりのツボでございます。いつの日か我が家にも。。


今回は終了間際の1時間少々(?)ブースのお留守番&a.mさんと共にブースで過ごすことができて
いろんなお話しすることができました。とっても貴重な一日でした。



終了時刻定刻にディスプレイをちゃちゃっと手直しして、テキパキとブースをクローズ。

a.mgardenさんの素顔もクローズアップ!(^^)v  シチャイマシタ。。




その後、みなさんの待つワールドポータズへと急ぎ・・・

メキシコ料理やさんで乾杯乾杯〜の夜でした。



あっという間の数時間。楽しい時間は足早に去って行きますね。

お名残惜しさたっぷりでしたが、翌日は朝から団地の夏祭り。。涙をのんで日帰りの旅となりました。


当日お世話になったぱたぽんさん、miyakoさん おさる★うききさん、kakattiさん、aliceさんどうもありがとう。またお目にかかれる日を楽しみにしています。

そして、a.mgardenさん。今年も素敵な一日をありがとう。





おでかけ comments(2) -
萌木の村
既に一ヶ月もまえのことですが・・・(^^;)






清里の思い出です。まだ一ヶ月前のことなのに随分前のことみたい・・・





自然木工房ONOさんで「くまちゃん」つくりました。




 

ドライフラワーのエフスリーさんでは娘二人が愛猫ちゃんと戯れさせてもらって・・
sat.kはリースの材料購入。。

あっ まだつくれていません(苦笑)




バレエ開始までの時間、ほんの少しドライブして清泉寮方面まで。



急に雲行きが怪しくなってきて、土砂ぶりの雨に降られました。



アイスはしっかり食べました。




topの写真とこちらの写真は雨上がりの萌木の村。 きれいな青空がみえました。






おでかけ comments(0) -
夏の終わりの一日
すっかりご無沙汰してしまいました。

ちっとも更新されないこのブログにも足しげく?通っていただいている方々がいらっしゃり・・本当にありがとうございます。


先々週は埼玉の自宅&実家に帰省しており、あっという間に1週間。
先週は甥っ子二人が我が家に泊まりに来ていてあっという間に1週間。
長いと思っていた夏休みがなんとあと1週間で終わりです。



更新が滞っていた数週の間にも、upしたいことが満載なのですが、
久々の更新第一弾はつい先日出かけた公園でのひとコマ(?)をupさせていただきますね。




4年3年2年3歳の子供4人を引き連れて「府中の森公園」に行って来ました。


夏だけど、秋がすぐそこまで来ていましたよ。





             


その場所に居る時は夏まっさかりのちょっとしたおでかけの一日だったのに、
数日たって写真で振り返ると、この夏の集大成〜的な晩夏の思い出のように見えてしまったりして・・・ 


写真って不思議です。


バックに井上陽水の少年時代♪なんかが流れていたら、sat.kの写真でもいい絵になりそう・・・(^^;)
そんな気さえしてしまいます。。


あいにく音楽を流す技を持ちあわせていないので、どうぞ頭の中で少年時代を口ずさみながら見て頂けたらうれしいです。




と思っていたら・・こんなのありました。。。
You Tube 少年時代♪ 
↑ 別画面でこちらを流しつつ、スクロールしていただけると・・・・なんて(笑)







ま・さ・に森の府中の森。


今日は公園と水遊びがメインです。


 


見入るいぬ子。  ねーねたちスゴイナ〜 



ワタチはこれで



でもやっぱり夏はこれよね!!


お料理つくってるからちょっと待ってて 


どんぐり入りオリョウリ??ジュース?





いたずら3人組。



まあ、長いこと。よく遊びました。sat.kの足はふやけました。。。





いぬ子。一足先に着替え完了・・・


 
どこをめがけているのかな?





小学生チームも着替えがおわり・・・


みんなにかわいがってもらえる3歳児。少し年の離れた末娘はお得ね。


おにいちゃんも大好き☆




きゃーーーーカイジュウ!!??



じゃ、なかった。。。



 

ロープのお山。一人で上まで登れたの にいちゃんが教えてくれました☆


今度はねーねといっしょ☆



みんなで作戦会議!??



どんぐり発見!!

みてみてみて〜!!!の嵐。



大中中小。子供達4人の手・・・かわいい。。




帰り際の池でかもの赤ちゃんを発見!(かもが写っていない・・)
みんなでかわいい!!を連呼。

かもを見つめる子供達の後姿。sat.kはこの後ろ姿が好きなのです。




二人の悪ガキぶりも優しい一面も、うま子いぬ子の超反抗期生意気盛り&おしゃまぶりも全部ひっくるめて、またまた一段と成長を感じたsat.k母さんでした。




二人の男衆はいつまでおばちゃん家に泊まりに来てくれることやら・・・

楽しかったね☆




鈴なりの瓢箪。。


この瓢箪のようにあっという間に大きくなってしまうだろうけれど
おばちゃんやお母さんなんて見向きもされない日がやってきませんように。。。


END



おでかけ comments(18) -
KIYOSATO FIELD BALLET
ドライブ中の富士山をたのしみにしていたけれど、
天気が良すぎて?富士山は姿を見せてくれませんでした。残念。。。

今回の山梨への目的は・・・



萌木の村で開催される特設野外劇場「清里フィールドバレエ」。


バレエ鑑賞なんて柄でもないのですが、うま子がバレエを習い始めてから、
本物をみせてあげたい!!と思っていて・・・
清里ならsat.kも楽しめるし〜(^^;)


そして、なんといっても26日(日)は開演日前日の公開リハーサル。
チケット代も超お得なお値段なのです(^^;;;;)



夏の萌木の村はひさしぶり。

さわやかな冷たい空気と、天然木のオブジェが温かく迎えてくれました。





今年のフィールドバレエは記念すべき第20回公演。

萌木の村の随所にフィールドバレエの幕が下っていてバレエ一色です。






大きな舞台と巨大照明。たくさんの椅子・・いつもとは違う萌木の村の光景になんだかワクワクしてきます。




今日はすべて自由席。場所取り可とのことで、明日からは10000円するお席を早々にゲットさせていただいてきました。。

バレエ鑑賞だけど、堅苦しくなく、気軽な気持ちで見られるのも野外ステージならでは。


野外なのでお天気だけは心配の種ですが・・・


開演時間までは別のたのしみもあり、やっぱり楽しい清里なのです。



途中、もの凄く激しい雨が降り、もう駄目かと半分諦めましたが、、

次第に空が晴れてきて・・・





無事公開リハーサル決行です。


昼間はまばらだったお客さんも、開演前には長蛇の列。



照明もスタンバイOK。



あとは開演を待つのみです。。


が・・・

夜の清里のこと、何も考えず上着もなにも用意していなかったsat.k。。

いやいやうかつでした。。


寒い寒い。。

日よけに持っていたストールや腕カバーが防寒具代わり。

素足だった足には靴下を履いて、タオルを羽織ったりして、何とか寒さをしのぎましたが
それにしても寒かった。。。。





さる夫なんてTシャツ&半ズボン。相当寒かったかと・・・

今日の演目は「くるみ割り人形」

第二幕はsat.kでも知っている曲が多く、楽しめました。



いぬ子が心配でしたが、クリスマスツリーがでてきたり、天使がでてきたりして舞台セットや衣装に釘付で内容はともかく、いぬ子なりに楽しめていたようです。

当のうま子ですが・・・すばらしいバレリーナたちを目の前にして、少しはいい影響が受けられたかしら???

後半は後方の席に移動して、体を動かしながら見ておりました。

本物をみながら、自分も踊れちゃうなんて、まさにフィールドバレエの醍醐味かもしれません(笑)


星空のステージへようそこ♪のキャッチフレーズ(?)どうり、

星が近くて、満点の星空がとにかく美しい夜でした。


途中の清里レポはまた後ほど。(たいしたレポじゃないけれど・・^^;)





おでかけ comments(7) -
<< | 3/11 | >>