スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
読書の秋

埼玉の家から帰ってきたらポストにうれしいお届け物がふたつ。


ひとつは注文していた洋書が届いてました。



今、円高のおかげで値段が少し安くなっています。

英語わからないので見るだけだけど、とっても幸せな気持ちになれます。

読めないから読書とは言わないかしら(^^;)

あっ でも知ってる単語の拾い読みぐらいはできるので、微妙に意味がわかるところもありますね(笑)





そして、もうひとつは・・・


発売したばかりの天沼寿子さんの新刊本!!!   

「雑貨屋さんのお作法」



購入しようと思っていたのに、先に天沼さんから送っていただきました。
著者ご本人様からいただけるなんて、なんて幸せなんでしょう。。
ありがとうございます。


早速読ませていただいております♪


本の帯のメッセージ。

20年間、私が言い続けてきた“お小言”。
コレを実践していただけたら、きっとあなたの店は「良い店」になり、あなた自身は「優秀なスタッフ」になれるでしょう。

とあります。 読み進めていくとわかりますが、このお小言はお店をやっている方に向けてだけのお小言ではなく、一人の人間のお作法として、お店を普段の生活に置き換えて実践していけたら、この先の人生がとっても魅力的なものになっていける気がします。

そんな本です。

雑貨ショップや、販売業・接客業に携わる方はもちろん、それ以外の方も是非!!


付加価値を売るショップの育て方「雑貨屋さんのお作法」 主婦の友社 








      **************************************************

埼玉の家に帰るたびに、ミモザの成長に驚かされます。

またもやすごーく大きくなっていて 主軸は直径5〜6cmくらいになっていたでしょうか??
(写真撮り忘れました・・)

小さなひょろひょろの芽から、こんなに大きくなるのですね。
枝があまりにも重たそうで・・・軽量化をかねて惜しげもなく枝をいっぱい下ろしてきました。



その枝で、リース作りました。



枝と葉だけのシンプルなリース。この色合いがとっても好きです。



実は大きなゴミ袋に入れてきたのですが・・・・思いのほかたくさんあり過ぎて
リースだらけです(笑)





趣味 comments(2) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








私もこの秋はなんだか読書しています。
バレエがひと段落したら、なんだか時間がぽっかりと空いてしまって・・・。

「お作法」っていい言葉だよね。
学生時代にきものを習っていたときに先生が「お作法」まで教えて下さって、でも考えたら、きもの姿でのお作法といいながら、実際は人としての気配りや女性としての気遣いをさりげなく教えていただいていたように思うの。

そんなことを思い出しました。
from. かも | 2010/09/24 20:53 |
▼かもさん

読書好きなかもさん。きっとたくさんの本を読破されているのでしょうね♪
お作法というだけで身が引き締まる気がしますね。
まさにかもさんが着物の先生に教えていただいていた女性として、人としての佇まい。。
天沼さんの新刊も是非読んでみてください♪
from. sat.k | 2010/09/29 02:21 |
<< NEW | TOP | OLD>>